院長のご挨拶

救世軍は1865年ロンドンのキリスト教会牧師ウイリアム・ブ-スが始めたキリスト教の教会・社会福祉活動団体です。 3S(Soup食事・Soap清潔・Salvationキリスト教による魂の救い)を活動の目標に世界124の国と地域で活動しています。 我が国では1895年に活動を始め,その医療事業の一つとして私たちの病院も設立されました。2003年には地上7階の新しい建物が完成し,地域に開かれた身近な病院として活動しています。

私たちの病院の理念はキリスト教の愛の精神に基づき全人的(身体的・精神的・社会的・霊的)に医療・介護を行い奉仕することです。社会に奉仕する病院として,一般病床(急性期)・療養病床(慢性期)・緩和病床(ホスピス)をもち,日本医療機能評価機関からも認定されています。これからもますます地域に根ざした医療機関として努力を重ねたいと思います。

私たちは3S(Study学ぶ・Service奉仕・Sincerity誠実)の心を持って,患者さま・ご家族と一緒に入院・在宅医療・介護を実践することにより,救世軍の医療・福祉活動を有機的に行い,地域の皆様が心身ともに健やかに過ごせるお手伝いをします。また外来診療では地域における家庭医として気楽に受診出来る病院を目指しています。

皆様のご支援とご利用をお待ちしております。

救世軍ブース記念病院 院長 及能 克宏