理念・方針

キリストの愛を原点に地域医療に貢献する

病院方針

病院方針1.キリストの愛の精神を持って病者に奉仕する 2.地域の病者のために医療と介護を行う 3.全人的(身体的・精神的・社会的・スピリチュアル)ケアを行う

患者憲章

救世軍ブース記念病院は、患者様への医療の質を確保するために、患者様が自らの意志と選択のもとに最善の医療を受けることは人としての基本的権利であることを確認し、当院が患者様の権利の実現に努め、遵守すべきことを患者憲章として次の通り定めます。

  1. 患者様は、国籍・宗教・社会的地位・病気の種類にかかわらず、平等かつ適切で安全な医療・看護を受けることができます。
  2. 患者様自身の病状や病気に関することは、医師に説明を聞いたり質問することができ、理解するまで話し合って治 を選択することができます。
  3. 患者様個人のプライバシーに十分配慮された入院生活を送ることができます。
  4. 患者様の診療記録の開示を、法令に基づいて求めることができます。
  5. 患者様は、医師および医療従事者が知りえたすべての個人情報について、保護を求めることができます。
  6. 患者様を守るために、医師および医療従事者と力を合わせて、医療や看護に参加、協力する責任があります。
  7. 医師および医療従事者は、患者様から要求があっても、法令および自らの良心や価値観に反する医療行為については、それを行わないことができます。
  8. 患者様は宗教的支援を含め全人的(身体的・精神的・社会的・霊的)医療を受けることができます。