院長のご挨拶

当院は、当時流行していた結核の療養を目的に、1916年に『杉並療養所』として設立されました。その後、社会情勢の変化に応じて病院の機能を変え、1968(昭和43)年に『救世軍ブース記念病院』と改名され、2016年におかげさまで創立100周年を迎えることができました。

高齢化を迎えた昨今の日本の人口構成変化に応じて、また周辺地域の様々な医療ニーズを満たすため、2020年春にこれまでの一般病床が地域包括ケア病床に変わります。この病床機能の変化により、当病院がさらに地域住民の希望と期待に応えられるようになりました。

長期医療を必要とした療養病棟と、悪性腫瘍に対する緩和ケアを行うホスピス病棟においては、今まで通り入院治療・看護・介護そしてリハビリテーションを行っております。

これからもより一層、地域住民に寄り添った心の通う暖かい医療を提供できるよう、職員一同努めてゆきたいと思います。

救世軍ブース記念病院 病院長 永川 千晶

救世軍ブース記念病院 病院長 永川 千晶