理念・方針

キリストの愛を原点に地域医療に貢献する

病院方針

病院方針1.キリストの愛の精神を持って病者に奉仕する 2.地域の病者のために医療と介護を行う 3.全人的(身体的・精神的・社会的・スピリチュアル)ケアを行う

当院を利用される皆様の権利

当院を受診される皆様が以下の権利を有することを確認し、尊重します。

  • Ⅰ.患者様の人権を守ります。
    説明義務(がん告知、インフォームドコンセント)を徹底します。
    守秘義務(個人情報保護)を徹底します。
    患者様の立場に立ち良好な信頼関係を築きます。
  • Ⅱ.患者様の自己決定権を尊重します。
    治療方針の選択においては、医療従事者との相互理解により患者様の意見表明を尊重します。
    医療参加(患者様の権利を守り責務を遂行していただく)を推奨します。
  • Ⅲ.診療上、倫理的な問題が生じた場合は、倫理委員会で審議の上、治療方針が決定されます。
    終末期医療(ターミナルケア)、延命治療など生命の尊厳に関する問題
    患者様の信条と医療行為の妥当性に関する問題